女性のひどい抜け毛・薄毛の治療!何科で受診するのがベスト?

投稿日:

何科で受診するのがベスト

 

薄毛や抜け毛というと男性に多いと思われがちですが、女性でも悩む人は少なくありません。

特に女性の場合には、仕事や家事のストレスだけでなく、生理や出産などでホルモンバランスが崩れたりすることもありますから、何が原因かをしっかりと見極めなくてはいけません。

 

自分で、原因にある程度の見当がついてるのであれば、そのことで悩むことはないのですが、わからないときには総合診療科がある病院に行ってみるのも一つの方法です。

総合診療科で髪の毛の状態や血液検査・ホルモン検査などをしていけば、患者自身が気が付かなかった原因を探り当てる事も出来ます。

 

万が一、病気が原因で抜け毛が多くなっているのであれば、その治療を最優先にしなければいけません。

なお、病気が原因だとして、すでにその病気の治療を始めているという場合には、その治療で用いている薬などが抜け毛の原因だということも考えられます。

その場合には、治療している医師に相談をして、薬の副作用はないのかを確認しておきましょう。

 

注意点としては、総合診療科のある技術も経験もある大病院の場合、本当にそこで診てもらわなければいけない人に診療を絞っているので、いきなり足を運んでも断られてしまうことが多いです。

ましてや、女性の抜け毛は、当人にとっては深刻な問題ですが、命の危険がある症状ではありません。

 

どうしても、原因がわからないから、診て欲しいということを伝えるために、まず近くの小さな診療所やクリニックで診てもらい、紹介状を書いてもらうのが最善です。

お姉ちゃんも病気になったとき抜け毛がひどかったよね。

最初どこで診てもらったの?

抜け毛がひどかったけど、まさか病気だとは思ってなかったからなかなか病院に行かなかったのね。だけど、体がむくんできたり疲れがとれなかったから内科に行ったら、大病院を紹介されたの。

免疫疾患だったから薬を飲んで治療したら抜け毛も自然と治ったわ。病気の場合は、治療すれば抜け毛も改善するからまずは何が原因か知ることが大切ね。

 

最初にどこを受診すればいいのか

原因がある程度わかっていて、大病院ではなくても治療ができそうだという場合、何科を受診するのかというと次のようになります。

まず、頭皮の状態が悪いのであれば皮膚科、ストレスなどが原因であれば精神科や心療内科、更年期やダイエットがもたらしたホルモンバランスの乱れが原因であれば婦人科が最適です。

 

また、抜け毛を専門に見る病院や女性育毛クリニックというのもありますから、そこを頼ってみるのもいいでしょう。

 

とりあえず、病院はどこかに受診したら、他は受診できないというものではありませんから、抜け毛で悩んだらまず皮膚科と考えても大丈夫です。

皮膚科の医師は、女性の抜け毛のことを十分に理解していますから、問診と検査をして、他の科を紹介してくれます。

女性の抜け毛は、複数の原因が、複雑に組み合わさっていることもありますから、同時に複数の診療科目を受診することも出来ます。

どんな治療をするの?

病気の場合

病気が原因で抜け毛が増えた場合は、まずはその病気の治療が最優先で行われます。病気が改善すれば、自然と抜け毛が減り、薄毛が改善される場合がほとんどです。

医師の指示に従って、治療をすすめてください。

 

皮膚科

薄毛治療を行っている皮膚科の場合は、問診などで薄毛の原因を診断し治療を開始します。

 

一般的な皮膚科の場合は、頭皮の状態を診察します。頭皮の荒れや湿疹、炎症、かぶれ、痒みなどを抑える為の治療になり、薄毛治療というよりは皮膚の異常を改善する治療が行われます。

 

頭皮状態を改善しても抜け毛が改善されない場合は、薄毛治療を行っている皮膚科に行くか、他に体に不調がある場合は、内科など病院で受診してください。

 

女性育毛クリニック

最近では女性の薄毛治療をしてくれる育毛クリニックが増えています。

カウンセリングや血液検査などでしっかりと薄毛の原因を診察してくれますので、最適な治療を受けることができます。

薄毛治療がメインなので、相談もしやすく、原因も判明しやすいので薄毛改善には一番スムーズに対処してもらえます。

 

薄毛治療には、どういうものがある?

内服薬パントガール

パントガールは、新しい髪の毛の発毛を促す内服薬としてドイツで有効性が検証されました。世界で初めて「薄毛・抜け毛の効果と安全性」が認められたの女性用育毛剤です。

女性のびまん性脱毛症、産後脱毛症、薄毛改善の治療に使われます。

ケラチンなどのアミノ酸やビタミン、ミネラルを配合し、薄毛改善に必要な栄養を補給するサプリメント的な治療法となります。

女性用育毛クリニックで受診すると、パントガールでの内服治療が行われることがほとんどです。

 

HARG療法(ハーグ療法)

海外では多くの実績があり、育毛・増毛効果や安全性が確立されている最新の医療毛髪再生治療です。

HARG療法は、男女の性別に拘わらず、頭皮の育毛と増毛を可能にする最新の毛髪再生治療です。
世界各国における共同研究のもと開発された、毛髪再生の有効成分をダイレクトに頭皮に与えていく治療法で、医療機関でしか施術することができない発毛・育毛療法です。

出典:横浜中央クリニック

 

植毛

薄毛が気になる箇所に自分の髪の毛を移植する治療方法です。自分の髪の毛のため拒絶反応がなく、安全です。気になる場所にすぐに髪の毛を増やしたい場合に効果的です。

外科手術なので値段が高い場合が多いですが、何をしても改善しない場合に植毛をするという選択もあります。

 

 

まずは、薄毛の原因をはっきりさせる事が大切です。

 

体に不調がないのに抜け毛が増えた場合は、薄毛治療も行っている皮膚科を受診するか女性育毛クリニックで相談する。

疲れやすい、むくみがある、体の調子が悪いなど不調がある場合は、病院で受診する。

 

ほっておくと何か疾患が隠れている場合、病気が進行してしまう可能性があります。自己ケアだけで改善しない場合は、どこか受診してみることから始めてみてください。

 

無添加の育毛剤おすすめランキング

1位 ベルタ育毛剤

  • 無添加・無香料
  • 血行促進・保湿・酸化防止・抗炎症の有効成分配合
  • 育毛に良い天然成分53種
  • 頭皮ケアに重要なアミノ酸14種

 ベルタ育毛剤は、頭皮ダメージ成分といわれる合成香料やパラベン、界面活性剤など15種の成分が無添加です。成分の99.6%が天然成分で肌に優しく、パッチテスト済みなので安心して敏感肌・乾燥肌・アレルギー肌の方でも使うことができます。

2位 マイナチュレ育毛剤

  • 無添加・無香料
  • 血行促進・保湿・酸化防止・抗炎症の有効成分配合
  • 主成分は髪に良いといわれている北海道ミツイシ昆布
  • 育毛に良い天然成分27種
  • 頭皮ケアに重要なアミノ酸10種

頭皮環境を悪くすると考えられているダメージ成分11種を一切入れず、長期の育毛ケアでも安心して使えるように無添加にこだわって頭皮の刺激を抑制してくれるマイナチュレの育毛剤。

3位 花蘭咲(からんさ)

花蘭咲(からんさ)
  • 無添加・無香料
  • 世界特許成分エビネ蘭エキス配合
  • 頭皮の血行促進による育毛効果にこだわった有効成分
  • 10種の天然成分と3種の有効成分
花蘭咲の一番の特徴は、世界特許成分であるエビネ蘭エキスが配合されている事。世界に認められた血行促進効果で頭皮環境を整えてくれます。髪に良いといわれている10種の植物成分と3種の有効成分でパッチテスト済みなので頭皮に優しく根元からハリコシのあるツヤ髪を育てる育毛剤です。

-薄毛治療
-, , , , ,

Copyright© 薄毛ちゃんねる , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.