エストロゲンが不足すると薄毛に!?増やすにはどうすればいいの?

投稿日:

エストロゲンが不足すると薄毛に!?増やすにはどうすればいいの?

 

季節の変わり目は普段よりも多くの抜け毛が起こってしまうものですが、季節に関係なく毎日大量の抜け毛が起こってしまうと不安になってしまいます。

女性の薄毛・抜け毛の原因のひとつに女性ホルモンのバランスが崩れがあると考えられています。

 

女性は色々な面で女性ホルモンの影響を大きく受けています。ですから、ホルモンバランスが崩れてしまうと肌あれや生理不順や不妊症、抜け毛などを引き起こしてしまいます。

 

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2つの働きによって女性の体とココロは支えられています。

 

エストロゲンとは

「美人ホルモン」ともよばれるほど女性らしいカラダを作るために大切なホルモンです。妊娠しやすい体づくりをしてくれたり、肌や髪、脳の働きに大きく関わっています。

生理の終わり頃から排卵前にかけて分泌が多く、基礎体温を下げる働きがあります。

 

プロゲステロンとは

妊娠を助けてくれるホルモンで、妊娠後、胎児が育ちやすい環境を作ってくれます。
排卵後から次の生理にかけて分泌が多くなり、基礎体温を上げる働きがあります。人によってはイライラしたり、吹き出物が出たり不調を感じる方もいます。

 

このエストロゲンとプロゲステロンのバランスを保つことがとても大切です。女性ホルモンのバランスが崩れると髪の毛にどんな影響があるのかを知ることで今の生活を見直すことができるはずです。

女性ホルモンって私たち女性にとって大切だって事はわかったんだけど、どうしてバランスを崩したり、減少したりしてしまうの?

増やす方法はあるのかな?

いつまでもキレイでいるためには、この女性ホルモンはたっぷり分泌されていてほしいものよね。女性ホルモンは何が原因で減少してしまうのか、不足したらどうなるのかを知って、減少を食い止めることが大切よ。

そして、女性ホルモンを増やす方法も紹介するわ♪

 

エストロゲン不足による薄毛

エストロゲンが不足する事によって抜け毛や薄毛という症状が出てしまうのは、女性ホルモンのエストロゲンが健康な髪を育て、維持する役目を持っているためです。

 

人間の髪は毛根細胞から髪が生えて伸びる成長期、成長をやめて髪が自然と抜けていく退行期、次に髪が生えるまでの休憩期間である休止期を繰り返しています。

正常なヘアサイクル

成長期(2~6年)⇒退行期(2週間)⇒休止期(3~4ヶ月)

エストロゲンが不足してしまうと髪の毛の成長期の期間が短くなって抜けやすくなってしまいます。

早くに抜けてしまった髪の毛は本来なら成長期であるはずなので、その後の休止期間が終わるまでは新しい髪の毛が生えてきません。そのため、休止期が実際よりも長くなってしまうことで髪の毛が薄くなったと感じてしまうのです。

 

出産後によるエストロゲンの減少

エストロゲンが多く分泌されている妊婦さんは本来なら抜けてしまうはずの髪の毛がホルモンバランスによって抜けにくくなっているため、気づいていない人の方が多いのですが妊娠中は普段よりも髪の毛の量が増えている時期なのです。

出産後、エストロゲンの分泌量が通常通りに戻ると今までエストロゲンの働きで抜けなかった髪が抜けてしまうことになり、薄毛や抜け毛に悩んでしまうのです。

 

加齢によるエストロゲンの減少

高齢の女性に髪が薄くなった、という悩みを持つ人が多くいますが、これも更年期を迎えてホルモンバランスが崩れてエストロゲンの分泌量が激減してしまったことが原因となっています。

エストロゲンは、思春期から分泌量が増えていき、20~30代が一番分泌量が多くなります。その後50代の更年期に向け、急激に減少していきます。

 

加齢によるエストロゲンの減少は誰にでも起こるものでどうしようもありません。ですが、女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンなどを含む食品を食べたり、女性ホルモンを減少させる原因を食い止める事でエストロゲンの減少を最小限にすることができます。

 

様々な要因による女性ホルモンの減少

この他にも女性ホルモンはちょっとしたことで簡単にバランスが崩れてしまいます。

 

女性ホルモンが減少してしまう理由としてはストレスが大きいと言われています。

ストレスが過剰にたまってしまうと自律神経のバランスが崩れ、卵胞刺激ホルモンの分泌が減少します。卵胞刺激ホルモンによって分泌が促進されるエストロゲンの分泌量も減ってしまうので、髪の毛にも悪影響が出てしまうのです。

 

他にも若い女性の過度のダイエットによる栄養不足や睡眠不足も自律神経のバランスを崩す大きな原因になっていると言われています。

 

女性ホルモンを増やす生活

ホルモンバランスが整えばエストロゲンの分泌も正常になるため、健康な髪が生え、髪の毛の成長期も正常な期間になることで抜け毛は減少してきます。毎日の生活を見直し、女性ホルモンを増やす生活を過ごしていきましょう。

 

体を冷やさない

体を冷やさない

 

女性ホルモンは、卵巣から分泌されます。卵巣が冷えてしまうと分泌する働きが鈍ってしまいます。女性は、筋肉量が少ないので冷え性の人が多いです。

お腹を触ってみて冷えていたら、卵巣も冷えている可能性が高いです。腹巻きをしたり、カイロをあててみたり、お腹を温めてください。

他にも冷え性対策として、生姜など体を温める食品を食べたり、シャワーで済まさず湯船にしっかり使って温まるなど体を冷やさない工夫を生活に取り入れていきましょう。

 

規則正しい生活をする

規則正しい生活をする

 

生活のリズムが整っていると自律神経のバランスも整い、免疫力もアップしてホルモンバランスも整います。

しっかりとした睡眠を取ることでもホルモン分泌が活性化されます。朝、決まった時間に起き、昼間動くことで良い睡眠をとることができます。

 

ストレスをためない

ストレスをためない

 

仕事をしていても家にいても人間誰でもストレスは感じてしまうものです。

歌をうたったり、買い物したり、友人とおしゃべりしたりするなど、上手に発散できる自分なりのストレス発散方法を見つけて、できるだけストレスをためないようにしてください。

 

女性ホルモンに似た栄養素を摂る

女性ホルモンに似た栄養素を摂る

 

大豆イソフラボン、ざくろ、モロヘイヤなど女性ホルモンと似た働きをしてくれる栄養素を積極的に摂取するようにします。サプリメントなども手軽ですが、できるだけ食品から摂るのが理想的です。

  • 大豆イソフラボン(豆腐・納豆・豆乳・きなこ)
  • 植物性イソフラボン(ざくろ・いちじく・りんご)
  • ビタミンE(かぼちゃ・モロヘイヤ・ごま)

 

女性ホルモンをアップさせるハーブティーを飲む

ハーブティー

 

ハーブには、女性ホルモンに似た植物性エストロゲンが含まれているものが多く、コーヒーやジュースの代わりにハーブティーを飲む習慣をつけるのもいいですね。

  • ローズティー・・・生理痛緩和、ホルモンの調整機能、精神安定
  • カモミールティー・・・リラックス効果、生理痛緩和
  • セージ・・・美肌効果・生理痛緩和

色々と女性ホルモンに似た栄養素ってあるんだね。大豆食品大好きだから助かった~。

美容整形にかけるお金はないから、毎日の食生活でがんばるぞーー!!


毎日の生活を見直すだけで女性ホルモンの減少を食い止めることができるんだから安いものよね♪

私もいつまでもマイナス10歳いや、20歳をキープしていくわよーー!!

ファ、ファイト・・・

無添加の育毛剤おすすめランキング

1位 ベルタ育毛剤

  • 無添加・無香料
  • 血行促進・保湿・酸化防止・抗炎症の有効成分配合
  • 育毛に良い天然成分53種
  • 頭皮ケアに重要なアミノ酸14種

 ベルタ育毛剤は、頭皮ダメージ成分といわれる合成香料やパラベン、界面活性剤など15種の成分が無添加です。成分の99.6%が天然成分で肌に優しく、パッチテスト済みなので安心して敏感肌・乾燥肌・アレルギー肌の方でも使うことができます。

2位 マイナチュレ育毛剤

  • 無添加・無香料
  • 血行促進・保湿・酸化防止・抗炎症の有効成分配合
  • 主成分は髪に良いといわれている北海道ミツイシ昆布
  • 育毛に良い天然成分27種
  • 頭皮ケアに重要なアミノ酸10種

頭皮環境を悪くすると考えられているダメージ成分11種を一切入れず、長期の育毛ケアでも安心して使えるように無添加にこだわって頭皮の刺激を抑制してくれるマイナチュレの育毛剤。

3位 花蘭咲(からんさ)

花蘭咲(からんさ)
  • 無添加・無香料
  • 世界特許成分エビネ蘭エキス配合
  • 頭皮の血行促進による育毛効果にこだわった有効成分
  • 10種の天然成分と3種の有効成分
花蘭咲の一番の特徴は、世界特許成分であるエビネ蘭エキスが配合されている事。世界に認められた血行促進効果で頭皮環境を整えてくれます。髪に良いといわれている10種の植物成分と3種の有効成分でパッチテスト済みなので頭皮に優しく根元からハリコシのあるツヤ髪を育てる育毛剤です。

-女性の薄毛の原因
-, ,

Copyright© 薄毛ちゃんねる , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.