【正しいブラッシング】は頭皮も髪もイキイキさせる美髪ケア

投稿日:

正しいブラッシング

 

毎日ブラッシングしていますか?

以前はブラッシングっていうと、出かける時にヘアスタイルを整える時だけにするものっていうイメージでした。でも、ブラッシングって、頭皮や髪の毛の健康のためにとっても大切な事だったんです。

抜け毛が気になりだすと、ブラシに髪の毛が絡むのを見たくないし、余計に抜ける気がして髪の毛をとかすのが怖くなってしまいますが、正しいブラッシングは、薄毛対策にもなるんです。

 

ブラッシングの5つの効果

  1. 髪の毛のツヤアップ
  2. 目の疲れや顔のリフトアップ
  3. 頭皮の血行促進
  4. リラックス効果
  5. 髪の毛や毛穴の汚れが浮く

髪の毛のツヤアップ

ブラッシングは、髪のからみをほどいて、ホコリや汚れを落としてくれます。頭皮の血行もよくなるので栄養が髪の毛に行き渡り、髪の毛にハリツヤが出て美しい髪の毛に育ちます。

 

目の疲れや顔のリフトアップ

顔の皮膚と頭皮は一枚の皮でつながっています。ブラッシングしないと頭皮がたるんで老けるとも言われています。ブラッシングは、頭皮マッサージでコリをほぐしてくれるので目の疲れや肩こり、アンチエイジング効果も期待できます。

 

頭皮の血行促進

頭皮をブラッシングすると血行がスムーズになって、頭皮の温度も約3度アップすると言われています。それだけ血流がよくなってるって事ですよね。頭皮の冷えも薄毛の大敵。ブラッシングで温めて血行促進されることで新陳代謝が活発になって健康な髪の毛がぐんぐん生えてきます。

 

リラックス効果

ブラッシングで頭皮に適度な刺激を与えることでマッサージ効果で身も心もリラックスできます。ストレスも薄毛には大敵なのでリラックスできる時間はとても大切です。寝る前のブラッシングは安眠効果も期待できます。

 

髪の毛や毛穴の汚れが浮く

髪の毛についたほこりや汚れをとり、頭皮の毛穴汚れもしっかり浮かしてくれます。シャンプー前にブラッシングすると汚れが浮き、寿命が終わった抜け毛も落とせるので少ないシャンプーで髪と頭皮をキレイに洗うことができます。シャンプー後の仕上がりの違いが実感できるはずです。

 

ブラッシングするだけでこんなに色々なうれしい効果があります。

 

毎日ブラッシングすると頭皮の血行を良くしてくれて、寿命がきた抜け毛を落としてくれるので、抜け毛が増えるわけではなく、頭皮をスッキリ健康にしてくれる自宅で簡単に出来るヘアケアです。

 

ブラッシングはいつするのがいいの?

朝、昼、夜いつでもOK!シャンプー前や育毛剤を使う前にもブラッシングするのが効果的です。

シャンプー前は、ホコリやフケなどの汚れを落としてくれるので泡立ちよく洗浄力がアップします。髪の毛のもつれもほどけるのでスムーズに洗え、切れ毛や余計な抜け毛を防ぐことができます。

育毛剤を使う前にブラッシングすると頭皮がキレイになり、血行もよくなるので育毛剤の浸透力を高めてくれます。

 

髪に優しいブラッシング方法

 

1.毛先からゆっくりと丁寧に絡みをほぐしていきます。一気にブラシを通そうとしないで髪の毛のもつれをとるように毛先からブラッシングしていきます。

 

2.頭皮にブラシをきちんと当てて生え際のちょっと手前からブラッシングします。顔まわりも刺激することでリフトアップ効果が期待できます。

 

3.こめかみ、耳上から頭の横を通って、後頭部から襟足に向かってブラッシング。

 

4.首もとから襟足、後頭部に向かって下から上へ引き上げるようにブラッシング。頭皮への刺激と汚れ落としに効果的です。

 

ブラッシングに使うブラシどれがいいの?

ブラシといっても色々な種類があって用途も違うのでどれを使えばいいのか迷ってしまいます。種類と使い方を知って、目的にあわせて使っていきましょう。

 

スケルトンブラシ

スケルトンブラシ

目の粗い、骸骨(スケルトン)のような形をしたよく見るタイプのブラシです。髪が絡みにくく、手ぐし感覚でもつれをとるのに適していて、ブローや仕上げに髪の毛を整える時にも使います。

髪が絡みやすいシャンプー後や、パーマヘアに最適。静電気も発生しにくく、髪の毛が傷みにくいブラシです。

 

デンマンブラシ

デンマンブラシ

髪をすくいあげる動作に適していて髪の毛を伸ばすためのブローブラシ。ボブヘアなど真っ直ぐな髪型を作りたい時や髪にゆるやかな丸みをつけたい時に適しています。操作性に優れていて、汎用性が高く美容室ではよく使われています。

 

クッションブラシ

クッションブラシ

ブラシの土台部分がクッション性のあるゴムで出来ていて、髪に触れる面積が広いので頭に馴染みやすい。ブラッシング、マッサージ、髪のもつれを取るなど用途は広く、やわらかいフィット感があるので髪に負担をかけずブラッシングできます。

ピンの部分が金属製のものは先端が鋭利な場合があって、頭皮に刺激がありすぎる場合もあるので力を入れすぎないように注意。ピンの部分がプラスチック製のものは静電気が起きやすく髪の毛を傷みやすくする場合があるので、できればピンの部分が木製のものがおすすめです。

家庭用のブラッシングには最適です。

 

獣毛ブラシ

獣毛ブラシ

獣毛ブラシは髪に馴染みやすく、髪の汚れをとりながら優しくツヤを出してくれ頭皮のマッサージにも適しています。

 

頭皮洗浄用ブラシ

頭皮洗浄用ブラシ

丸い形で手のひらに持って使いやすい形状になっていて、ピンの部分がゴムやシリコンで作られています。頭皮洗浄用ですが、頭皮を洗うというよりも頭皮を動かして、マッサージをすることにむいています。髪をとかそうとするともつれる恐れがあるので注意が必要です。

 

スカルプブラシ

スカルプブラシ

シャンプーやブローの時用に作られた、頭皮を優しく刺激して、もつれた髪もときやすい髪や頭皮に優しいブラシです。ピンに弾力性があって先端が丸くなっているので頭皮に優しく汚れを落としやすくなっています。シャンプー時に使えるブラシです。

 

ハリツヤのある美しい髪を育てるには、土台になる頭皮を健康に保たないといけません。ブラッシングは、家庭で出来る有効なヘアケアです。たかがブラッシングと侮れません。

髪の毛と頭皮のために毎日のブラッシングを習慣化していきましょう♪

 

頭皮と髪に優しいブラッシングのまとめ

  • シャンプー前はブラッシングが鉄則
  • 髪や頭皮についたフケや汚れを取り除く
  • 髪のツヤ・ハリをアップ
  • 顔のリフトアップでアンチエイジング効果も
  • 頭皮のマッサージ効果でリラックス効果
  • 血行促進効果で頭皮が柔らかく健康に
  • 用途にあったブラシを使う

 

無添加の育毛剤おすすめランキング

1位 ベルタ育毛剤

  • 無添加・無香料
  • 血行促進・保湿・酸化防止・抗炎症の有効成分配合
  • 育毛に良い天然成分53種
  • 頭皮ケアに重要なアミノ酸14種

 ベルタ育毛剤は、頭皮ダメージ成分といわれる合成香料やパラベン、界面活性剤など15種の成分が無添加です。成分の99.6%が天然成分で肌に優しく、パッチテスト済みなので安心して敏感肌・乾燥肌・アレルギー肌の方でも使うことができます。

2位 マイナチュレ育毛剤

  • 無添加・無香料
  • 血行促進・保湿・酸化防止・抗炎症の有効成分配合
  • 主成分は髪に良いといわれている北海道ミツイシ昆布
  • 育毛に良い天然成分27種
  • 頭皮ケアに重要なアミノ酸10種

頭皮環境を悪くすると考えられているダメージ成分11種を一切入れず、長期の育毛ケアでも安心して使えるように無添加にこだわって頭皮の刺激を抑制してくれるマイナチュレの育毛剤。

3位 花蘭咲(からんさ)

花蘭咲(からんさ)
  • 無添加・無香料
  • 世界特許成分エビネ蘭エキス配合
  • 頭皮の血行促進による育毛効果にこだわった有効成分
  • 10種の天然成分と3種の有効成分
花蘭咲の一番の特徴は、世界特許成分であるエビネ蘭エキスが配合されている事。世界に認められた血行促進効果で頭皮環境を整えてくれます。髪に良いといわれている10種の植物成分と3種の有効成分でパッチテスト済みなので頭皮に優しく根元からハリコシのあるツヤ髪を育てる育毛剤です。

-ヘアケア
-

Copyright© 薄毛ちゃんねる , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.